2008年02月18日

えま生後4ヶ月★私達にできること




先日の犬好きなYちゃんからこんなメールが来ました。

「うちの犬達も公園で拾ってきたの。
もう少し遅かったら 保健所に連れていかれてたかも。
あれから15年・・・。」

こんなメールをもらって・・・
色々調べていくとメモ目


ひらめき今日は、国が動いてくれたという情報ですGood

犬(足)DSC01289.jpgダッシュ(走り出すさま)

犬(足)DSC01290.jpgダッシュ(走り出すさま)


下記 asahi.com より引用==============

■施設の犬猫に3日分のえさ代補助 国、収容即処分を防止
2008年01月26日15時07分

 自治体の施設に収容された犬猫に新しい飼い主が見つかった場合
国は犬ジステンパーや猫伝染性腸炎などを予防する
ワクチン代を負担する
ことを決めた。
また施設ですぐに殺処分されないよう3日分のえさ代も出す。

新年度から初めて実施する。

殺処分数が年間30万匹を超える犬猫に生きるチャンスを与え
殺される数を大幅に減らすのが目的だ。



犬猫の殺処分の推移

 全国の自治体では
06年度、11万8000匹の犬と23万5000匹の猫が、殺処分された。

飼い主の都合で保健所に引き取られたり
捨てられたりした犬猫が大半だ。

 これまで動物保護団体と協力して、新たな飼い主を探す譲渡会を開く
自治体もあったが
対応はバラバラで譲渡数は伸び悩んできた。

06年度、新たな飼い主が見つかった
犬は1万4000匹
猫は4800匹にすぎなかった。

収容された犬猫は飼い主が名乗り出なければ
2〜3日以内に殺される例が少なくない。


 このため
環境省と厚生労働省は昨年、全国の自治体に収容の期間を延ばすなどして
「できるだけ、(殺さずに)生存の機会を与えるよう」要請、指導する文書を出した。

さらに政府は25日、地方交付税法を改正して
新年度、3億5000万円を確保することを閣議決定した。

 これにより国は、引き取り先が決まった犬猫に1匹あたり
2300円の混合ワクチン代を負担する。


引き取り先で、健康に生きられるようにするためだ。

また、新たな飼い主に出会う機会を広げるため
収容施設に来てから3日分のえさ代も負担する。


 これらの施策は、愛犬家の松野頼久衆院議員(民主)が
環境委員会でたびたび提案してきた。

今後10年間で、犬猫の殺処分数の半減目標を掲げる政府も
新たな発想と対策が必要と判断し、導入を決めた。

==============asahi.com より引用


かわいいDSC01284.jpgかわいい



まだまだ一歩だと思いますが
これでもっと棄て犬と捨て猫に関して認知されて
もっともっと減っていって欲しいと思います。

棄て犬を作っているのは私達人間のエゴ以外の何者でもないのですから・・・

明るい顔のわんことにゃんこがもっともっと増えますように・・・


Rainbow 2005.05.180003.JPGRainbow 2005.05.180004.JPG

虹みんな幸せになれるといいね虹



えま黒ハート

今日は生まれて4ヶ月ちょうどバースデー

リボンオメデトウリボン

DSC01525(3).jpg
揺れるハートずっと一緒にいようね揺れるハート

ニックネーム meg at 13:41 | TrackBack(0) | Owner think | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1295562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック