2008年10月24日

お友達を捨てないで!!。゚(゚´Д`゚)゚。




昨日の夜、




日本テレビ系の夜のニュース番組 " NEWS ZERO " をご覧になりましたか?




DSC_0569.jpg




line_niji2-300.gif




2008年10月23日放送の " NEWS ZERO "で特集された




愛護動物の保護処分




動物愛護センターの " 愛護 " の文字がとても虚しく感じます。




殺処分が決定された犬たちの表情・・・・




テレビ越しでも、その痛ましい光景が伝わってきました。














保護センターで、動く壁に押し出されるようにガス室に追われるわんこ達を、




直視できませんでした。




line_niji2-300.gif




購入する際、




『 よほどの理由がない限り、ペットを捨てない 』




などという法律を作ることはできないものかと脳裏をかすめました。




そもそも、人間が動物を飼うという行為は動物の自由を奪う人間のエゴかもしれません。




しかし「 飼う 」 = 「 一緒に暮らす 」ことだと思うのです。




ペットではなく、伴侶動物(コンパニオン・アニマル)として、




家族として、一つの命を迎えて欲しいものです。




ある獣医師はいいます。




「 動物を飼うことは、自分の命を分け与えることだ。」





「 その覚悟がないのなら、動物を飼うな。」




と。




『 可愛い 』と一度その命を預かった以上、




命を奪う権利なんてありませんよね・・・




line_niji2-300.gif




ヨーロッパでは、ペットは共に暮らす大切なパートナーとして




お店にも旅行にも連れて行けるし、




わんこも市民権を獲得していて人間と幸せに暮らしています。




殺処分もほとんどありません。




イギリスでは、ペットショップに犬や猫を陳列することも動物虐待にあたるのだそうです。




line_niji2-300.gif




どうぞ最後まで、大切なパートナーを手放さないでください。




今までも、そしてこれからも・・・




この子達から与えてもらった幸せは数え切れないほどです・・・




line_niji2-300.gif




こういう報道はとても辛いし、ショックで胸にこみ上げてくるものがあります。




しかし、こういう現状があることを、ひとりでも多くの方に知って頂きたく記事にあげました。




以前からこのような現状・国の対処などを " コラム " として、しばしば載せてきました。




興味のある方は、左サイドのカテゴリ " コラム " からお入り下さい。




line_niji2-300.gif




価値観の違いなどから、意見の食い違いがおこるかもしれません・・・




でも、わんこを大切に思う気持ちからの意見です。




話し合いを進めていけば、わかりあえる部分も出てくるのでは?と期待します。




悲しい現状がいまだに続いていることは、本当に悔しいことです。




少しでも悲しい現実が減っていくよう、メディアでどんどん報道してほしいと思います。




line_niji2-300.gif




多くの方の目にとまりますよう、ブログランキングの上昇にご協力をお願いします。




犬(足)にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ犬(足)


+゜。*゜+いつもありがとうございます+゜。*゜+

ニックネーム meg at 21:42 | TrackBack(1) | Owner think | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1533943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

私書箱
Excerpt: 池袋の私書箱の紹介です
Weblog: 激安!池袋の私書箱新規オープンです
Tracked: 2008-10-25 18:00